ゲストティーチャー(5年社会)

 5月31日(月)、6月1日(火)、元小学校校長の城間健二先生をお招きし、5年生で社会の授業が行われました。
 山形県と沖縄県のことについて、人口の変動や気候の違い、気候の違いによる家のつくりや公衆電話ボックス等施設のつくりの違い、山形県には貯水タンクがないことはなぜか?川の大きさの違いなど、山形県と自分たちが暮らす沖縄県の違いを比較しながら、その地理的な違いについて、子ども達が興味をもって考える時間となりました。
 授業後の子ども達の振り返りからも、子ども達が真剣に学べた様子がうかがえました。
 〈子ども達の振り返り〉
 ・沖縄県と山形県の違いがわかった。はじめて見るものや他の県の生活の工夫も感じることができました。
 ・沖縄と山形には、色んな違いがあってとてもおもしろかった。
 ・沖縄県と山形県にはいろんな特徴があり、長所や短所があることもわかった。
 ・沖縄と山形の暮らしや生活のちがいについて、しっかり理解できた。
 ・沖縄より山形の方が、人口が少ないことをきいてびっくりした。

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図